まつげエクステの資格が取れるスクールガイド決定版

まつげエクステ資格は最短ルート&手厚いサポートのスクールで!

現場レベルの技術を超短期間で身に付けたいならこちら

まつげエクステの資格・ディプロマが取得できるスクール選びの
コツを教えます!

人気のまつげエクステスクールを徹底比較してみました!

HOME » アイリストにかんするギモンを解決! » スクール卒業後の進路はどうなるの?

スクール卒業後の進路はどうなるの?

スクールを卒業してからの進路ってどうなるのか気になりますよね?このページでは卒業後の働き方を紹介していますので、是非チェックしてください。

企業に雇用してもらう場合

女性 アイコンサロンに勤務(年収:240万円程度、インセンティブや役職手当でさらにUP)

まつげエクステは美容室やネイルサロン、エステなど様々なサロンで行われています。美容室であれば美容師資格も生かせて一石二鳥ですし、もともと美容に興味がある方であればエステティシャンやネイリストとしても成長する事が出来ます。大手のサロンであれば、ある程度の給与が保証されていますが、美容系の仕事は拘束時間や仕事内容が収入に見合わない事が多く、人の出入りも激しいとの事。

女性 アイコンスクールで勤務(年収:民間資格の講師レベルで300万円程度)

まつげエクステスクールやネイルスクールなどでセルフまつエクを教える講師として活躍できます。セルフであれば、美容師資格は必要有りません。また、技術を磨いて民間資格の講師レベルまでたどり着けば、セルフではなく他人に施術する方法を教える講師にもなれます。どちらもまだまだ需要に対して講師の数が少ないので、活躍するチャンスはたくさんあります。

女性 アイコンブライダル業界で勤務(年収:ヘアメイクまで担当・1年目で200万円程度、5年目程で350万円程度)

晴れの日のために、つけまつげではなく自然なまつげエクステをする方も多いですから、ブライダルエステやメイクの場面で活躍できます。その他美容に関する知識やメイク技術なども必要になってきます。

女性 アイコン美容用品メーカーで勤務(年収:450万円程度)

スクールで習得した美容の知識を活かし、エクステ用品に限らずマスカラやビューラーなど、まつげに関する商品を扱う化粧品メーカーなどで活躍する方もいます。ただし、この場合はまつげに関する仕事が出来るかどうかはわかりません。

独立開業する場合

女性 アイコン自宅で開業(年収:0~1,000万円以上まで)

小さなスペースでも施術が可能なため、自宅で開業する方も多いです。賃貸料などもかからず、働き方も自由になるので空き時間を有効に使って働くことが出来ます。ただし、仕事が軌道に乗るまでは身近な人に口コミで宣伝してもらったり、ビラを配ったりと宣伝に費用と時間がかかるほか、雇用されているアイリストに比べて施術できる回数が少ないのでスキルアップが難しくなります。

女性 アイコン店舗を借りて開業(年収:0~1,000万円以上まで)

自宅と仕事場が分かれているので、仕事と私生活を切り離すことができます。また、店内を自分の思い通りにディスプレイできるなど自由度は高めです。ただし店舗の賃料が発生するので、ある程度規模が大きくならないと経営は難しいです。まつげエクステだけではやっていくのが難しいので、ネイルやエステの技術を習得したりする必要も出てきます。

 
まつげエクステの資格が取れるスクールガイド決定版